メインコンテンツまでスキップ

パブリッシャー向け UID2 概要

変化し続ける広告業界においてオーディエンスターゲティングを維持し、より良いインプレッション収益化と関連性の向上を実現します。

Publishers

パブリッシャーとして、Unified ID 2.0 (UID2) のクロスデバイスプレゼンスの恩恵を受け、すべてのインベントリで一貫した ID ファブリックを活用することができます。

UID2 を採用するパブリッシャーにとってのメリット、ワークフロー、ドキュメント、その他のリソース、および UID2 の導入手順について説明します。

注記

UID2 のドキュメント一式に左サイドバーからアクセスしたい場合は、Unified ID 2.0 Overview を参照してください。

Benefits of UID2 for Publishers

UID2 とインテグレーションすることで得られるメリットの一部を次に示します:

  • デスクトップ、モバイル、CTVで、単一の識別子でアドレサブルなオーディエンスターゲティング。
  • デバイスをまたいだフリケンシー。
  • より適切なコンテンツのリコメンデーション。
  • 関連するコンテンツでパーソナライズされた広告体験を提供する機能。
  • 消費者のプライバシー管理を向上させることを目的とした、オプトアウトを提供する機能。

Workflow for Publishers

以下の手順は、ID プロバイダー、パブリッシャー、SSO プロバイダーなど、SSP を介して UID2 Token をビッドストリームに伝播する組織を想定したワークフローの概要です。パブリッシャーは、UID2 と相互運用可能で、パブリッシャーに代わって UID2 インテグレーションを処理できる SSO プロバイダーまたは独立した ID プロバイダーと連携することを選択できます。

  1. ユーザーがパブリッシャーのウェブサイト、モバイルアプリ、CTV アプリにアクセスします。
  2. パブリッシャーは、オープンなインターネットの価値交換について説明し、ログインやその他の手段で、メールアドレスや電話番号の提供をユーザーに求めます。
  1. ユーザーがメールアドレスまたは電話番号を提供すると、パブリッシャーは SDK または直接 API インテグレーションを介して、それを UID2 Operator に送信します。

パブリッシャーは、SSO プロバイダーやアイデンティティプロバイダーに、DII やプライバシーの設定を自分たちに代わって渡すことができます。 4. UID2 Operator:

  • メールアドレスまたは電話番号を受け取ります。
  • ソルト化、ハッシュ化、暗号化処理を行います。
  • UID2 Token を返します。
  1. パブリッシャーが UID2 Token を保存し、リアルタイムビディングの際に SSP と共有します。
    • Server-Side: パブリッシャーは、トークンをマッピングテーブル、DMP、データレイク、またはその他の Server-Side アプリケーションに格納します。
    • Client-Side: パブリッシャーは、トークンを Client-Side アプリ、またはファーストパーティクッキーとしてユーザーのブラウザに保存します。
  2. パブリッシャーが UID2 Token をストレージから取得します。
  3. パブリッシャーは UID2 Token を SSP に送信します。
  4. SSP は UID2 Token を含むビッドリクエストをビッドストリームに入れます。

Publisher Workflow

Getting Started

次の手順で始めます:

  1. Request Access ページのフォームに記入して、UID2 へのアクセスをリクエストします。

  2. UID2 とインテグレーションしたいプロパティを特定する。

  3. UID2 契約を締結します。

  4. Client-Side と Server-Side のどちらのインテグレーションを希望するかを決定し、UID2 の担当者に伝えてください。

  5. UID2 credential(UID2 Credentials) を受け取ります。

  6. 該当する implementation resources を使用して、SDK または UID2 と直接インテグレーションしてください。

    注記

    UID2 へのリクエストメッセージは必ず暗号化してください。詳細については、Encrypting Requests and Decrypting Responses を参照してください。

  7. テスト:

    • ビッドリクエストで UID2 Token が正しく生成され、渡されていることを確認します。
    • 必要に応じてトラブルシューティングを行い、ビッドリクエストで UID2 Token が正しく渡されるように SSP と協力します。
  8. 本番稼動します。

Implementation Resources

パブリッシャーが UID2 を実装するために利用できるリソースは以下の通りです:

Web Integrations

以下のリソースは、パブリッシャーの Web インテグレーションに利用できます。

ヒント

Web インテグレーションオプションの詳細については、Web Integration Overview を参照してください。

Integration TypeDocumentationContent Description
Prebid.js (Overview)UID2 Integration Overview for Prebid.jsUID2 とインテグレーションし、RTB ビッドストリームで Prebid.js から渡されるUID2 Token を生成したいパブリッシャー向けのインテグレーションオプションの概要です。
Prebid.js Client-Side IntegrationUID2 Client-Side Integration Guide for Prebid.js最も簡単な実装方法であるClient-Side で UID2 Token をリクエストし、Prebid.js に以下を管理させることを選択したいパブリッシャー向けのガイドです:
  • トークンの生成とトークンのリフレッシュ。
  • トークンを RTB ビッドストリームに渡す。
Prebid.js Server-Side IntegrationUID2 Server-Side Integration Guide for Prebid.jsUID2 とインテグレーションし、RTB ビッドストリームで Prebid.js から渡される UID2 Token を生成したいが、トークンを Server-Side で生成したいパブリッシャー向けのガイドです: 例えば、Private Operator を利用しているパブリッシャーなど。
JavaScript (Overview)UID2 Integration Overview for JavaScriptJavaScript SDK を使って UID2 とインテグレーションしたいパブリッシャー向けのオプションの概要です。
JavaScript Client-Side IntegrationClient-Side Integration Guide for JavaScriptClient-Side の JavaScript の変更だけで UID2 とインテグレーションしたいパブリッシャー向けのガイドで、最も簡単な実装方法です。
UID2 SDK for JavaScript は、トークン生成とトークンリフレッシュを自動的に管理します。
JavaScript Server-Side IntegrationServer-Side Integration Guide for JavaScriptUID2 SDK for JavaScript を使用し、トークンを Server-Side で生成してパブリッシャーのウェブページに渡す必要がある、標準的なWeb インテグレーションシナリオを網羅したパブリッシャーガイドです。
Server-Side IntegrationPublisher Integration Guide, Server-OnlyUID2 SDK for JavaScript を使用しないパブリッシャー向けのガイドです。
Publisher/SSP Integration with GAMGoogle Ad Manager Secure Signals Integration Guideパブリッシャーが UID2 を Google Ad Manager のセキュアシグナル機能(旧称: Encrypted Signals for Publishers、ESP) で使用する際に必要な追加手順について説明したガイドです。

Mobile Integrations

以下のリソースは、Android または iOS デバイスをサポートするパブリッシャーのインテグレーションに利用できます。

Integration TypeDocumentationContent Description
AndroidUID2 SDK for Android Reference GuideUID2 を使用してクライアント ID を確立し、Android デバイス上で Advertising Token を取得したいパブリッシャー向けの Android SDK リファレンスです。
iOSUID2 SDK for iOS Reference GuideUID2 を使用してクライアント ID を確立し、iOS デバイス上で Advertising Token を取得したいパブリッシャー向けの Android SDK リファレンスです。

Prebid Integrations

Google Ad Manager とインテグレーションするパブリッシャーには、以下のリソースがあります。

Integration TypeDocumentationContent Description
Prebid.js (Overview)UID2 Integration Overview for Prebid.jsUID2 とインテグレーションし、RTB ビッドストリームで Prebid.js から渡される UID2 Token を生成したいパブリッシャー向けのインテグレーションオプションの概要。
Prebid.js Client-Side IntegrationUID2 Client-Side Integration Guide for Prebid.js最も簡単な実装方法である Client-Side で UID2 Token をリクエストし、Prebid.js に以下を管理させることを選択したいパブリッシャー向けのガイドです:
  • トークン生成とトークンリフレッシュ。
  • トークンを RTB ビッドストリームに渡す。
Prebid.js Server-Side IntegrationUID2 Server-Side Integration Guide for Prebid.jsUID2 とインテグレーションし、RTB ビッドストリームで Prebid.js から渡される UID2 Token を生成したいが、トークンを Server-Side で生成したいパブリッシャー向けのガイドです: 例えば、Private Operatorを使用しているパブリッシャーなどです。

以下のリソースは、パブリッシャーの Google Ad Manager とのインテグレーションに利用できます。

Integration TypeDocumentationContent Description
Publisher/SSP Integration with GAMGoogle Ad Manager Secure Signals Integration Guideパブリッシャーが UID2 を Google Ad Manager のセキュアシグナル機能(旧称: Encrypted Signals for Publishers、ESP) で使用する際に必要な追加手順について説明したガイドです。
GMA for AndroidUID2 GMA Plugin for Android Integration GuideGoogle Mobile Ads(GMA)SDK を使用するパブリッシャーが、Android アプリからの広告リクエストに UID2 Token を使うためのガイドです。
GMA for iOSUID2 GMA Plugin for iOS Integration GuideGoogle Mobile Ads (GMA) SDK を使用するパブリッシャーが、iOS アプリからの広告リクエストに UID2 Token を使うためのガイドです。
IMA for AndroidUID2 IMA Plugin for Android Integration GuideGoogle Interactive Media Ads (IMA) SDK を使用するパブリッシャーが、Android アプリからの広告リクエストに UID2 Token を使うためのガイドです。
IMA for iOSUID2 IMA Plugin for iOS Integration GuideGoogle Interactive Media Ads (IMA) SDK を使用するパブリッシャーが、iOS アプリからの広告リクエストに UID2 Token を使うためのガイドです。

FAQs for Publishers

UID2 フレームワークを使用するうパブリッシャー向けのよくある質問のリストは、FAQs for Publishers を参照してください。