メインコンテンツまでスキップ

UID2 Integration Overview for Prebid.js

このガイドは、UID2 とインテグレーションし、RTB ビッドストリームで Prebid.js によって渡される UID2 Token(Advertising Token) を生成したいパブリッシャー向けのインテグレーションオプションの概要です。

Introduction

UID2 は、以下をサポートする Prebid.js module を提供しています:

さらに柔軟性を高めるため、UID2 は JavaScript SDK など、一部の機能や補完的なプロダクトの代替手段も提供しています。

UID2 User ID Submodule

Prebid UID2 Module は、UID2 Token の保存、提供、およびオプションのリフレッシュを処理します。

注意

UID2 は GDPR が適用される場所では使用しないように設計されています。このモジュールは渡された同意データをチェックし、gdprApplies フラグが true に設定されている場合は動作しません。

Generating the UID2 Token

DII へのアクセスに応じて、Prebid.js で使用する UID2 Token を生成する方法は以下の表のように 2 種類あります 。

どの方法が最適かを判断し、該当するインテグレーションガイドに従ってください。

ScenarioIntegration Guide
Client-Side で DII にアクセスでき、フロントエンドの開発のみを行いたい。UID2 Client-Side Integration Guide for Prebid.js
Server-Side で DII にアクセスし、Server-Side の開発ができる。UID2 Server-Side Integration Guide for Prebid.js

Refreshing the UID2 Token

Prebid.js UID2 Module は、UID2 Token を自動的にリフレッシュすることができます。Prebid.js の外部で手動リフレッシュを実装したい場合は、Server-Side インテグレーションガイドの Refreshing a UID2 Token を参照してください。Client-Side のインテグレーションソリューションには、トークンの自動リフレッシュが含まれています。

Storing the UID2 Token in the Browser

デフォルトでは、UID2 module はローカルストレージを使ってデータを保存します。代わりにクッキーを使用するには、以下の例に示すように params.storagecookie に設定します。

詳細は、Prebid ドキュメントの Unified ID 2.0 Configuration を参照してください。

pbjs.setConfig({ 
userSync: {
userIds: [{
name: 'uid2',
params: {
// default value is 'localStorage'
storage: 'cookie'
}
}]
}
});

クッキーのサイズが大きくなり、問題が発生する可能性があります。ただし、ローカルストレージがオプションでない場合、これが考えられるアプローチの 1 つです。

Passing the UID2 Token to the Bid Stream

UID2 module を設定するには、 pbjs.setConfig を呼び出します。サポートされているパラメータの詳細については、実装に適用されるガイドを参照してください:

UID2 module が設定されると、ユーザーの UID2 Token を管理し、ユーザーのブラウザに保存します。

Client-Side または Server-Side でクライアントリフレッシュモードを使用してトークンを生成する場合、ユーザーのブラウザでサイトが開いている間は、モジュールが自動的にトークンをリフレッシュします。しかし、Server-Side でトークンのリフレッシュを管理するオプションもあります。詳細については、Server-Side インテグレーションガイドの Refreshing a UID2 Token を参照してください。Client-Side のインテグレーションソリューションには、トークンの自動リフレッシュが含まれています。

Integration Overview: High-Level Steps

Prebid.js を使ってサイトを UID2 とインテグレーションするには、以下のステップを完了する必要があります:

  1. UID2 アカウントのセットアップを完了します。
  2. Prebid.js をサイトに追加します。
  3. UID2 module を設定します。

詳細な手順については、以下のインテグレーションガイドのいずれかを参照してください: