メインコンテンツまでスキップ

POST /token/refresh

POST /token/generate エンドポイントから返された、対応する未使用のリフレッシュトークンを送信して、新しい UID2 Token を生成します。

Used by: このエンドポイントは、主にパブリッシャーが使用します。

NOTE: このエンドポイントは、API Key を使用する必要がないため、Client-Side (例えば、ブラウザやモバイルアプリなど) から呼び出せます。

Request Format

POST '{environment}/v2/token/refresh'

POST /token/generate または POST /token/refresh のレスポンスで返された refresh_token 値の内容を POST body として追加します。

このエンドポイントについて知っておくべきことは、以下のとおりです:

  • トークン更新のリクエストには暗号化は必要ありません。
  • リクエストが HTTP ステータスコード 200 で成功すると、新しい UID2 Token または Out-Out 情報が返されます。
  • 成功したレスポンスは、そのレスポンスに新しいトークンまたは Opt-Out 情報が含まれているかどうかにかかわらず暗号化されます。エラー・レスポンスは暗号化されません。
  • レスポンスを復号化するには、このトークンに対する最新の refresh_response_key 値を使用します。refresh_response_key の値は、POST /token/generatePOST /token/refresh のレスポンスで返されます。トークンがリフレッシュされるたびに、新しい refresh_response_key が返されます。現在のレスポンスを復号化するには、必ず最新のものを使用してください。

Path Parameters

Path ParameterData TypeAttributeDescription
{environment}string必須テスト (インテグレーション) 環境: https://operator-integ.uidapi.com
本番環境: https://prod.uidapi.com
地域オペレーターを含む全リストは、Environments を参照してください。
Notes:
  • integ 環境と prod 環境は異なる API keys を必要とします。
  • トークンの有効期限は変更される可能性がありますが、integ 環境では常に prod 環境よりも大幅に短くなります。

Testing Notes

POST /token/generate リクエストで以下のパラメータのいずれかを使用すると、常に refresh_token による ID レスポンスが生成され、POST /token/refresh エンドポイントと共に使用するとログアウトレスポンスとなります。

  • メールアドレス refresh-optout@example.com
  • 電話番号 +00000000002

Request Example

詳細と Python スクリプトの例は、リクエストの暗号化とレスポンスの復号化 (Python script example) を参照してください。

Decrypted JSON Response Format

復号化された成功したレスポンスには、ユーザーの新しい UID2 Token (advertising_token) と関連する値が含まれるか、ユーザーがオ Opt-Out したことを示します。

NOTE: レスポンスは、HTTP ステータスコードが 200 の場合のみ暗号化されます。それ以外の場合は、レスポンスは暗号化されません。

このセクションには、次のサンプルレスポンスが含まれています:

Successful Response With Tokens

すべての値が有効で、ユーザーが Opt-Out していない場合、レスポンスは成功し、新しい UID2 Token が関連する値とともに返されます。以下の例は、トークンを含む成功したレスポンスを復号したものです:

{
"body": {
"advertising_token": "NewAdvertisingTokenIjb6u6KcMAtd0/4ZIAYkXvFrMdlZVqfb9LNf99B+1ysE/lBzYVt64pxYxjobJMGbh5q/HsKY7KC0Xo5Rb/Vo8HC4dYOoWXyuGUaL7Jmbw4bzh+3pgokelUGyTX19DfArTeIg7n+8cxWQ=",
"refresh_token": "NewRefreshTokenAAAF2c8H5dF8AAAF2c8H5dF8AAAADX393Vw94afoVLL6A+qjdSUEisEKx6t42fLgN+2dmTgUavagz0Q6Kp7ghM989hKhZDyAGjHyuAAwm+CX1cO7DWEtMeNUA9vkWDjcIc8yeDZ+jmBtEaw07x/cxoul6fpv2PQ==",
"identity_expires": 1633643601000,
"refresh_from": 1633643001000,
"refresh_expires": 1636322000000,
"refresh_response_key": "yptCUTBoZm1ffosgCrmuwg=="
},
"status": "success"
}

Successful Response With Opt-Out

ユーザーが Opt-Out した場合、レスポンスは成功しますが、新しい UID2 Token は返されません。以下の例は、復号化された OptーOut レスポンスを示しています:

{
"status": "optout"
}

Error Response

エラーレスポンスは以下のようなものになる可能性があります:

{
"status": "client_error",
"message": "Client Error"
}

Response Body Properties

PropertyData TypeDescription
advertising_tokenstringユーザーの UID2 token (Advertising Token とも呼ばれます) です。
refresh_tokenstringUID2 Service と最新の ID トークンのセットを交換できる暗号化されたトークンです。
identity_expiresdoubleUID2 Token の有効期限を示す UNIX タイムスタンプ (ミリ秒単位) です。
refresh_fromdoubleUID2 SDK for JavaScript (UID2 SDK for JavaScript Reference Guide を参照してください) が UID2 Token のリフレッシュを開始するタイミングを示す UNIX タイムスタンプ(ミリ秒単位)。
TIP: SDK を使用していない場合は、このタイムスタンプから Advertising Token もリフレッシュすることを検討してください。
refresh_expiresdoubleRefresh Token の有効期限を示す UNIX タイムスタンプ(ミリ秒単位)。
refresh_response_keystringPOST /token/refresh リクエストでレスポンス復号化のために使用される鍵です。

Response Status Codes

次の表は、status プロパティの値と、それに対応する HTTP ステータスコードの一覧です。

StatusHTTP Status CodeDescription
success200リクエストは成功し、新しい UID2 Token と関連する値がレスポンスとして返されます。レスポンスは暗号化されています。
optout200ユーザーがオプトアウトした。このステータスは許可されたリクエストに対してのみ返されます。レスポンスは暗号化されます。
client_error400リクエストに不足している、または無効なパラメータがありました。
invalid_token400リクエストで指定された refresh_token の値が無効です。このステータスは許可されたリクエストに対してのみ返されます。
expired_token400リクエストで指定された refresh_token 値は期限切れのトークンです。
unauthorized401クエストにベアラートークンが含まれていない、無効なベアラートークンが含まれている、またはリクエストされた操作を実行するのに許可されていないベアラートークンが含まれていました。

status の値が success または optout 以外であれば、 message フィールドにその問題に関する追加情報が表示されます。