メインコンテンツまでスキップ

POST /optout/status

raw UID2 のオプトアウトステータスを確認します。指定された raw UID2 のリストを使用して、このエンドポイントはオプトアウトした raw UID2 とそのオプトアウトが行われた時刻を返します。詳細は、User Opt-Out を参照してください。

Used by: このエンドポイントは、主に広告主、データプロバイダー、DSP、共有者によって使用されます。一般的には、元のメールアドレスや電話番号にアクセスできないが、オプトアウトステータスを知りたい参加者向けです。

詳細については、役割に応じて以下のドキュメントを参照してください:

Batch Size and Request Parallelization Requirements

このエンドポイントへのリクエストのバッチを管理するための主要なガイドラインは次のとおりです:

  • 多数の UID2 のオプトアウトステータスを確認するには、1 バッチあたりのバッチサイズが最大 5,000 件となるように、順次バッチを送信してください。
  • Private Operator を使用している場合を除き、バッチを並行して送信しないでください。つまり、1 つの HTTP 接続を使用して、連続して raw UID2 のバッチを送信してください。

Request Format

POST '{environment}/v2/optout/status'

important

すべてのリクエストを秘密鍵で暗号化する必要があります。詳細といくつかのプログラミング言語でのコードの例は、Encrypting Requests and Decrypting Responses を参照してください。

Path Parameters

Path ParameterData TypeAttributeDescription
{environment}string必須インテグレーション環境: https://operator-integ.uidapi.com.
本番環境: https://prod.uidapi.com.
リージョナルオペレーターを含む全リストは、Environments を参照してください。
注記

インテグレーション環境と本番環境では、異なる API キー が必要です。

Unencrypted JSON Body Parameters

ボディパラメータは 1 つだけです。

Body ParameterData TypeAttributeDescriptionFormat
advertising_idsstring array必須オプトアウトのステータスをチェックしたい raw UID2 のリスト。
1回の API 呼び出しで最大 5,000 件のエントリー。

Request Example

以下は、暗号化されていない JSON リクエストボディの例です:

{
"advertising_ids": [
"ufv1uGRovNiJNbJqiE/xzM+aKE7jP69MgspOZoEQ3xc=",
"zstfu9RG/Ih5trR6hlaHP6hw5yt9mYd5TKg2mRpWVng=",
"VZqcve81+ImeoNUsizTFLEMOvREptJo1ROZvKw9ibSM="
]
}

以下は、暗号化されたオプトアウトリクエストの例です:

echo '{"advertising_ids": ["ufv1uGRovNiJNbJqiE/xzM+aKE7jP69MgspOZoEQ3xc="]}' | python3 uid2_request.py https://prod.uidapi.com/v2/optout/status [Your-Client-API-Key] [Your-Client-Secret]

詳細と、さまざまなプログラミング言語でのコード例については、Encrypting Requests and Decrypting Responses を参照してください。

Decrypted JSON Response Format

注記

レスポンスは、HTTP ステータスコードが 200 の場合のみ暗号化されます。それ以外の場合、レスポンスは暗号化されません。

復号化に成功した応答は、オプトアウトした raw UID2 を返します。それぞれについて、オプトアウトリクエストが行われた時刻が含まれます。オプトアウトしていない UID2 は応答に含まれません。

{
"body": {
"opted_out": [
{
"advertising_id": "ufv1uGRovNiJNbJqiE/xzM+aKE7jP69MgspOZoEQ3xc=",
"opted_out_since": 1633643601000
},
{
"advertising_id": "zstfu9RG/Ih5trR6hlaHP6hw5yt9mYd5TKg2mRpWVng=",
"opted_out_since": 1709764087000
}
]
},
"status": "success"
}

Response Body Properties

レスポンスボディには、次のプロパティが含まれます。

PropertyFormatDescription
advertising_idstringAdvertising ID (raw UID2).
opted_out_sincenumberraw UID2 がいつオプトアウトされたかを示す UNIX timestamp (ミリ秒単位)。

Response Status Codes

ステータスプロパティの値と、HTTP ステータスコードに対応する値は次の表の通りです。

StatusHTTP Status CodeDescription
success200リクエストは成功しました。応答は暗号化されます。
client_error400リクエストにパラメータがないか無効でした。
unauthorized401リクエストにベアラートークンが含まれていないか、無効なベアラートークンが含まれているか、またはリクエストされた操作を実行するのに許可されていないベアラートークンが含まれています。

ステータスの値が success 以外の場合、メッセージフィールドにその問題に関する追加情報が表示されます。