メインコンテンツまでスキップ

Sharing UID2s: Use Cases

安全な共有ワークフローでは、信頼できる共有と raw UID2 をさまざまな方法で安全に共有することができます。例えば、送信者が受信者と UID2 を共有したい場合のシナリオ例を以下に示します:

  • パブリッシャー(送信者) がビッドストリームを通じて UID2 Token を DSP(受信者) に送信します。詳細については、Sharing in the Bid Stream を参照してください。
  • 測定パートナー(送信者)は、Amazon Simple Storage Service (S3) を介して UID2 Token を広告主 (受信者)に送信します。
  • DSP (送信者)は、UID2 Token をレポート経由で広告主(受信者)に送信します。

これらのシナリオとその他のシナリオを以下の図に示します。

Illustration of Sharing Use Cases

NOTE: どの送信者も、転送メソッドのいずれかを使用して、どの受信者にも UID2 Token を転送できます。ここで定義されている転送方法はほんの一部であり、他にもいろいろあります。