メインコンテンツまでスキップ

Tokenized Sharing in the Bidstream

ビッドストリームに共有される UID2 データは、directly identifying information (DII) (メールアドレスまたは電話番号) を直接 UID2 Token に暗号化して生成された UID2 Token の形式でなければなりません。

パブリッシャーは、implementation options のいずれかを使用して DII を UID2 Token に暗号化し、UID2 Token をビッドストリームに送信できます。

他の共有参加者も、このトークン化された共有形態を使用する可能性があります。例えば、広告主がトラッキングピクセル用の UID2 Token を作成するために使用するかもしれません。

注意

ビッドストリーム内のデータは不正にアクセスされる可能性があるため、raw UID2 をビッドストリームで共有することは決して許されません。ビッドストリームで共有する場合は、Tokenized Sharing が必要です。

パブリッシャー向けの追加情報は以下のページにあります:

Audience

ビッドストリームにおける Tokenized Sharing は、以下のオーディエンスに適用されます:

  • Sender: パブリッシャー。UID2 Portal でのアカウント設定は任意です。
  • Receiver: DSP. Information for Sharing Receivers を参照してください。

Implementation Options for Senders

DII を直接 UID2 Token に暗号化してビッドストリームに送信するには、以下の方法があります。

Integration OptionToken Generated Client-Side or Server-Side?Integration Guide
Prebid.jsClient-SideUID2 Client-Side Integration Guide for Prebid.js
Prebid.jsServer-SideUID2 Client-Server Integration Guide for Prebid.js
JavaScript SDKClient-SideClient-Side Integration Guide for JavaScript
JavaScript SDKServer-SideClient-Server Integration Guide for JavaScript
Java SDKServer-SideUID2 SDK for Java Reference Guide
Python SDKServer-SideUID2 SDK for Python Reference Guide
UID2 API (token generate and refresh)Server-SideUID2 Endpoints Summary: UID2 Tokens

これらのオプションは、メールアドレスまたは電話番号から UID2 Token を生成し、トークンを定期的に更新することをサポートしています。他の SDK は、現時点ではトークン生成とトークン更新をサポートしていません。

Decryption Options for Receivers

UID2 Token の復号化には以下の方法があります。

ScenarioLink to Doc
Tokenized sharing from raw UID2s with SDKImplementing Sharing Encryption/Decryption with an SDK
Tokenized sharing from raw UID2s with SnowflakeImplementing Sharing Encryption/Decryption Using Snowflake
Tokenized sharing in the bidstream from DIIDSP Integration Guide
Tokenized sharing in tracking pixels from DIIWorkflow: Tokenized Sharing in Tracking Pixels
Tokenized sharing in creative pixels from raw UID2sWorkflow: Tokenized Sharing in Creative Pixels

Account Setup in the UID2 Portal

ビッドストリームで共有する場合、送信者は UID2 Portal アカウントを必要としません。どのパブリッシャーも、すべての DSP と共有できるように自動的に設定されます。ただし、パブリッシャーで共有範囲を限定したい場合は、UID2 Portal アカウントをリクエストし、共有権限を設定することができます。たとえば、セキュリティ上の理由やその他の理由で、1社または複数の共有パートナーに限定して共有したい場合などです。

すべての共有受信者は、UID2 Portal にアカウントを設定する必要があります。

送信者は、受信者または参加者のタイプごとに共有許可を1回だけ設定する必要があります。ただし、新しい共有権限を追加したり、既存の共有権限を変更したりする場合は、再度設定し直す必要があります。

詳細については、UID2 Portal: Overview を参照し、各タスクのリンクをたどってください。

Workflow: Tokenized Sharing in the Bidstream

API または指定された Server-Side SDK を介して、DII から UID2 Token を生成するワークフローは、以下の手順で構成されます:

  1. UID2 とのインテグレーションをセットアップします:

  2. パブリッシャーは以下の手順で UID2 Token を作成し、送信します:

    1. メールアドレスまたは電話番号から UID2 Token を生成します。
    2. UID2 Token をビッドストリームに入れる。
  3. DSP は以下のステップを完了します:

    1. UID2 Token を受け取ります。
    2. UID2 Token を raw UID2 に復号します。
    3. UID2 がオプトアウトされていないことを確認します。詳細は、Honor User Opt-Outs を参照してください。オプトアウトされていない場合は、raw UID2 を入札に使用します。

以下の図は、パブリッシャーのための UID2 共有ワークフローです。

UID2 Sharing Permission Integration Workflow for publishers

Token Example for Publishers in the Bidstream

パブリッシャーは、次の例に示すように、入力されたメールアドレスまたは電話番号を直接 UID2 Token に変換し、ビッドストリームで使用します。

Input ExampleProcess/UserResult
user@example.com正規化されたメールアドレス/電話番号を UID2 Token に変換します:
POST /token/generate エンドポイント
NOTE: SDK を使用している場合は、SDK がトークン生成を管理します。
KlKKKfE66A7xBnL/DsT1UV/Q+V/r3xwKL89Wp7hpNllxmNkPaF8vdzenDvfoatn6sSXbFf5DfW9wwbdDwMnnOVpPxojkb8KYSGUte/FLSHtg4CLKMX52UPRV7H9UbWYvXgXC4PaVrGp/Jl5zaxPIDbAW0chULHxS+3zQCiiwHbIHshM+oJ==

Information for Sharing Receivers

UID2 Token を raw UID2 に復号するには、許可された共有者であり、送信者の暗号鍵を持っている必要があります。

デフォルトでは、パブリッシャーが UID2 Token をビッドストリームに送信する場合、パブリッシャーの暗号キーはすべての承認済み DSP と共有されます。ただし、パブリッシャーが特定の共有関係を設定している場合は、パブリッシャーが共有関係を作成している場合にのみ、そのパブリッシャーの暗号キーを受け取ることができます。

詳細は、Receiving UID2 Tokens from Another Sharing Participant を参照してください。

暗号鍵の更新を定期的に行い、UID2 Token を速やかに復号化することが重要です。

詳細については、UID2 Sharing: Best Practicesの以下のセクションを参照してください: