メインコンテンツまでスキップ

Tokenized Sharing from Raw UID2s

いくつかのケースでは、共有参加者が raw UID2 を他の共有参加者に送信する前に、それらを暗号化したい場合があります。広告主がクリエイティブピクセルで UID2 を共有する場合がその一例です。

Audience

raw UID2 からの Tokenized sharing は、ユースケースによっては、どの共有参加者にも適用可能です。

Overview

送信前に UID2 Token に暗号化して raw UID2 を別の参加者と共有するには、共有送信者は UID2 Portal アカウントを作成して共有を実装し、受信者と共有関係を作成する必要があります。

共有受信者は、UID2 Portal アカウントを作成して共有を実装し、送信者と共有関係を持つ必要があります。

Account Setup in the UID2 Portal

UID2 Portal では、送信者と受信者はアカウントを設定し、送信者は共有権限を設定する必要があります。

送信者は、受信者または参加者のタイプごとに共有許可を1回だけ設定する必要があります。ただし、新しい共有権限を追加したり、既存の共有権限を変更したりする場合は、再度設定し直す必要があります。

詳細は、UID2 Portal: Overview を参照し、各タスクのリンクをたどってください。

Tokenized Sharing Steps: Summary

raw UID2 から UID2 Token を生成して共有する手順を以下に説明します:

  1. すべてのユーザーはアカウントを設定し、共有オプションを構成する必要があります。Account Setup in the UID2 Portal を参照してください。

  2. コードに共有を実装するには、以下から選択してください。選択肢は、使用しているインテグレーションオプションによって異なります:

Workflow: Tokenized Sharing from Raw UID2

raw UID2 から UID2 Token を生成して共有するワークフローは、以下の手順で構成されます。

NOTE: 送信者と受信者の両方が UID2 Portal アカウントを持っている必要があります。Request an Account を参照してください。

  1. 送信者と受信者: UID2 SDK または Snowflake を使用して UID2 Sharing をインテグレーションします。

  2. 送信者: UID2 Portal で共有権限を承認します:

    1. UID2 Token を復号することを許可する共有参加者を定義します。
    2. UID2 Portal にログインし、Sharing Permissions ページに移動し、共有したい参加者を指定します。必要に応じて、特定の共有参加者を検索するために検索機能を使用します。
    3. 共有選択肢を保存します。
  3. 送信者: UID2 Token に変換するために raw UID2 を暗号化します。これには、UID2 SDK または Snowflake を使用します。

    • UID2 Token を安全に受信者に送信します。
  4. 受信者: UID2 Token を復号化するために以下の手順を完了します:

    1. UID2 Token を安全に受信します。
    2. UID2 Token を raw UID2 に復号化します: Implementing Sharing Encryption/Decryption with an SDK または Implementing Sharing Encryption/Decryption Using Snowflake を参照してください。

次の図は、UID2 Sharing Permission SDK インテグレーションワークフローを示しています:

UID2 Sharing Permission SDK Integration Workflow

Implementing Sharing Encryption/Decryption with an SDK

以下の手順は、SDK を使用して raw UID2 を UID2 Token に暗号化するか、UID2 Token を raw UID2 に復号化するすべての共有参加者に適用されます。—送信者と受信者。

  1. 使用する SDK を決定し、以下の選択肢から適用する共有ドキュメントの例を確認して、共有コードがどのように見えるかを確認します。

    SDK/Integration ToolLink to Sharing Section
    C# / .NETUID2 SDK for C# / .NET: Usage for UID2 Sharers
    C++UID2 SDK for C++: Usage for UID2 Sharers
    JavaUID2 SDK for Java: Usage for UID2 Sharers
    PythonUID2 SDK for Python: Usage for UID2 Sharers
  2. 以下の手順に従って、SDK をコードに組み込み、送信者または受信者の役割に応じて各ステップを実装します。使用している言語のコード例を確認するには、以下の表のリンクを参照してください。

    1. 送信者と受信者: UID2 Client を定義します。

    2. 送信者と受信者: 暗号鍵の更新スケジュールを定義します。

      推奨される更新間隔は1時間です。例については、Decryption Key Refresh Cadence for Sharing (SDK Only) を参照してください。

    3. 送信者: 暗号化を設定します。

    4. 受信者: 復号化を設定します。

Decryption Key Refresh Cadence for Sharing (SDK Only)

SDK を使用している場合、共有キーの更新スケジュールを定義することもStep 2の一部です。

長時間/継続的に実行されるプロセスでは、1時間に1回 uid2client.refresh() 関数を呼び出すことを推奨します。

詳細は、Decryption Key Refresh Cadence for SharingUID2 Sharing: Best Practices を参照してください。

注記

Snowflake を使用している場合は、この手順を実行する必要はありません。Snowflake UID2 インテグレーションがキーのリフレッシュを行います。

Decryption Key Refresh Example

この例は、uid2client.refresh() 関数が新しい共有許可を有効にする方法を示しています。この例では、広告主 ABC がデータプロバイダ XYZ にデータを送信したいとします。

TimeEvent
12:00 pm共有権限がまだ有効になっていません。
データプロバイダ XYZ が uid2client.refresh() を呼び出します。広告主 ABC の復号鍵が返されないため、データプロバイダ XYZ は UID2 Token を復号化できません。
12:30 pm広告主 ABC が UID2 Portal にログインし、データプロバイダ XYZ との共有許可を作成します。
1:00 pmデータプロバイダ XYZ は、1時間ごとに uid2client.refresh() を再度呼び出します。新しい共有許可があるため、広告主 ABC の鍵が応答に返されます。
データプロバイダ XYZ は、広告主 ABC から受け取った UID2 Token を復号化して raw UID2 に変換できます。

Implementing Sharing Encryption/Decryption Using Snowflake

Snowflake を使用している UID2 参加者は、送信者または受信者として UID2 Sharing に参加することができます。

  1. Snowflake Integration Guide: Usage for UID2 Sharers の例を確認して、共有コードがどのように見えるかを確認します。

  2. 送信者または受信者の役割に応じて、コードに Snowflake を組み込みます。以下のドキュメントにあるコード例を使用してください: UID2 Sharing Example:

    • 送信者: 暗号化を設定します。
    • 受信者: 復号化を設定します。

Information for Sharing Receivers

UID2 Token を raw UID2 に復号化するには、UID2 Portal アカウントが必要であり、送信者があなたとの共有関係を作成する必要があります。

詳細については、Receiving UID2 Tokens from Another Sharing Participant を参照してください。

暗号鍵を定期的に更新し、UID2 Token をすみやかに復号化することが重要です。

詳細については、UID2 Sharing: Best Practices の次のセクションを参照してください: