メインコンテンツまでスキップ

Authentication and Authorization

UID2 エンドポイントの認証には、以下が必要です:

  • クライアントの API Key。API KeyはベアラートークンとしてリクエストのAuthorizationヘッダに含めます。例えば:
    Authorization: Bearer YourTokenBV3tua4BXNw+HVUFpxLlGy8nWN6mtgMlIk=
  • API リクエストを暗号化し、API レスポンスを復号化するためのクライアント・シークレット。これは、POST /token/refresh を除くすべてのエンドポイントで必要です。
    詳細と、いくつかのコーディング言語での暗号化/復号化の例については、Encrypting Requests and Decrypting Responses を参照してください。
注記

パブリッシャーで Client-Side に UID2 を実装している場合、認証と認可は Prebid.js (UID2 Client-Side Integration Guide for Prebid.js を参照してください) や JavaScript SDK(Client-Side Integration Guide for JavaScript を参照してください)などの実装によって自動的に管理されます。