メインコンテンツまでスキップ

API Keys

UID2 Portal の API Keys ページでは、UID2 アカウントの API Key を管理するためのすべての操作を実行できます:

Overview

API Key とクライアント シークレットを使用すると、UID2 Operator サービスに接続して API エンドポイントを呼び出すことができます。これらの値は、サービスに対してあなたを識別します。

UID2 Portal で API Key を追加するときは、キーとそれに対応するシークレットを安全に保存し、これらの値が漏洩しないようにするために必要なすべての措置を講じることが重要です。詳細については、API Key and Client Secret を参照してください。

各 API Keyは、1 年ごとにローテーションすることを勧めます。

API Key を追加するときには、次のいずれかの権限を割り当てることができます:

  • Mapper
  • Generator
  • Sharer
  • Bidder

詳細は API Permissions を参照してください。

Adding an API Key

API Key を追加するには、次の手順を実行します:

  1. UID2 Portal アカウントにログインします。

  2. API Keys ページに移動し、Add API Key をクリックします。

  3. Add API Key ページで、新しいキーの名前を指定します。

  4. API Permissions セクションで、キーに割り当てる権限を 1 つ以上選択します。

    必要な権限のみを選択してください。たとえば、パブリッシャーの場合は Generator ロールを選択します。詳細については、API Permissions を参照してください。

    注記

    選択可能な権限が表示されない場合は、UID2 連絡先に問い合わせてください。

  5. Add API Key をクリックします。

    API Key (Your API Key Name) Credentials ページに API Key とシークレットが表示されます。

  6. 各フィールドで、値をコピーするために the Copy icon (コピーアイコン) をクリックします。シークレットとキーの値を安全な場所に保存し、共有しないでください。

    ウィンドウを閉じると、これらの値は保存されず、利用できなくなります。失った場合は、新しいキーを追加する必要があります。

  7. 完了したら、Close をクリックします。

  8. リマインダープロンプトで、まだ値を保存していない場合は戻ることができます。値を保存していない場合は、Cancel をクリックして戻るか、Close をクリックして確認します。

    API Keys ページには、新しいキーが名前、キー ID、権限、および作成日付とともに表示されます。

Modifying an API Key

API Key を追加した後は、次の情報を編集できます:

  • API key name
  • Permission assignments

API Key を変更するには、次の手順を実行します:

  1. UID2 Portal で API Keys ページに移動します。
  2. リストでキーを見つけます。
  3. アクション列で the Edit icon (編集アイコン) をクリックします。
  4. 情報を更新し、Save Key をクリックします。

Deleting an API Key

Key が漏洩した場合、その Key を削除する必要があります。

警告

アクティブな Key を削除する前に、実装が新しい Key で更新されていることを確認してください。Key を削除すると、その Key を使用するすべての API トラフィックが拒否されます。

API Key を削除するには、次の手順を実行します:

  1. リストでキーを見つけ、アクション列で the Delete icon (削除アイコン) をクリックします。

  2. 確認メッセージで、削除を確認するために API Key を入力します。表示からコピーして貼り付けることができます。

  3. Delete Key をクリックします。

    キーは表示から削除され、無効になります。