メインコンテンツまでスキップ

Client-Side Integration Guide for JavaScript

このガイドは、UID2 と インテグレーションし、ウェブサイト上で JavaScript Client-Side の変更のみを使用して、最小限の労力で UID2 tokens (Advertising Token) を生成したいパブリッシャー向けのものです。

このガイドは Private Operator を使いたいパブリッシャーや、Server-Side でトークンを生成したいパブリッシャーには適用されません。それらのパブリッシャーは Client-Server Integration Guide for JavaScript に従う必要があります。

また、トラッキングピクセルなどのピクセルで UID2 Token を共有したい人にも適用できます。

UID2 は、以下の機能を備えた UID2 SDK for JavaScript(UID2 SDK for JavaScript Reference Guide を参照してください) を提供しています:

  • UID2 Token 生成
  • UID2 Token 自動リフレッシュ
  • UID2 Token のブラウザへの自動保存

次の手順を完了する必要があります:

  1. Complete UID2 account setup
  2. Add UID2 SDK For JavaScript to your site
  3. Configure the SDK for JavaScript
  4. Check that the token was successfully generated

UID2 SDK for JavaScript Version

Client-Side でのトークン生成のサポートは、SDK のバージョン 3.2 以上で利用可能です。

SDKのURLは以下のとおり:

以下のコードサンプルでは、プレースホルダ {{ UID2_JS_SDK_URL }} は、この URL を指します。

SDK のデバッグビルドを使用したい場合は、代わりに以下の URL を使用してください:

Sample Implementation Website

アプリケーションの例については、SDK v3 を使用した UID2 Google Secure Signals の例を参照してください:

Complete UID2 Account Setup

アカウント設定ページに記載されている手順に従って、UID2 アカウントの設定を完了してください。アカウント設定プロセスの一環として、この UID2 SDK for JavaScript で使用するサイトのドメイン名のリストを提供する必要があります。

アカウントのセットアップが完了すると、Publicc Key(公開鍵) と Subesciption ID(サブスクリプション ID) が発行されます。これらの値はアカウント固有のもので、UID2 モジュールの設定に使用します。

ヒント

アカウント設定に必要なのは、ルートレベルのドメインだけです。例えば、JavaScript 用の UID2 SDK を example.com、shop.example.com、example.org で使用する場合、ドメイン名 example.com と example.org を指定するだけです。

Add UID2 SDK For JavaScript to Your Site

以下のコードスニペットは、ウェブサイトに追加する必要があるコードの概要です。また、SDK がトリガーできるさまざまなイベントも示しています。

より詳細なコードスニペットについては、Example Integration Code and When to Pass DII to the UID2 SDK を参照してください。

UID2_JS_SDK_URL の値については、UID2 SDK for JavaScript Version を参照してください。

<script async src="{{ UID2_JS_SDK_URL }}"></script>

<script>

// When the UID2 SDK is executed, it looks for these callbacks and invokes them.
window.__uid2 = window.__uid2 || {};
window.__uid2.callbacks = window.__uid2.callbacks || [];
window.__uid2.callbacks.push((eventType, payload) => {
switch (eventType) {
case "SdkLoaded":
// The SdkLoaded event occurs just once.
__uid2.init({});
break;

case "InitCompleted":
// The InitCompleted event occurs just once.
//
// If there is a valid UID2 token, it is in payload.identity.
break;

case "IdentityUpdated":
// The IdentityUpdated event happens when a UID2 token is generated or refreshed.
// payload.identity contains the resulting latest identity.
break;
}
});

</script>

SDK の詳細については、UID2 SDK for JavaScript Reference Guide を参照してください。

Using the UID2 Integration Environment

デフォルトでは、SDK は UID2 本番環境 https://prod.uidapi.com で動作するように設定されています。代わりに UID2 インテグレーション環境を使用したい場合は、init を呼び出す際に以下の URL を指定してください:

__uid2.init({
baseUrl: "https://operator-integ.uidapi.com",
});
注記

UID2 インテグレーション環境からのトークンは、ビッドストリームに渡しても無効です。インテグレーション環境では、subscription IDpublic key の値が異なります。

Optional: Specifying the API Base URL to Reduce Latency

デフォルトでは、UID2 SDK は米国の UID2 本番環境サーバーに API コールを行います。ユーザーの所在地に応じて、ユーザーに近いサーバーを選択してレイテンシを低減することができます。

例えば、シンガポールのパブリッシャーは、base URL を https://sg.prod.uidapi.com に設定できます。これは UID2 本番環境ですが、サーバーはシンガポールにあります。

有効な base URL のリストについては、Environments を参照してください。

Base URL を https://global.prod.uidapi.com に設定することもできます。この URL は、オーディエンスを地理的に近い地域のサーバーに誘導します。オーディエンスが地理的に分散している場合に最適です。

別の UID2 サーバーを指定するには、init 呼び出しで変更できます:

__uid2.init({
baseUrl: "https://global.prod.uidapi.com",
});

Configure the SDK for JavaScript

UID2 は、Client-Side のトークン生成機能を使用するために必要な以下の値をパブリッシャーに提供します:

  • Subscription ID(サブスクリプション ID)
  • Public key(公開鍵)

パブリッシャーのインテグレーション環境用に 1 セット、本番環境用に別のセットを用意します。

SDK を設定するには、アカウントセットアップ時に受け取った public keySubscription ID、およびユーザーのハッシュ化またはハッシュ化していない DII(メールアドレスまたは電話番号) を含むオブジェクトを指定して、以下のメソッドのいずれかを呼び出します:

  • __uid2.setIdentityFromEmail
  • __uid2.setIdentityFromEmailHash
  • __uid2.setIdentityFromPhone
  • __uid2.setIdentityFromPhoneHash

以下のセクションでは、各シナリオのコーディング例を示します。

設定が終わると、UID2 SDK は以下を行います:

  • ユーザーの UID2 Token を生成します。
  • トークンをユーザーのブラウザに保存します。
  • ユーザーのブラウザでサイトを開いている間、必要に応じてトークンを自動的にリフレッシュします。

UID2 SDK には、ユーザーの DII をハッシュ化して渡すことも、ハッシュ化せずに渡すこともできます。ハッシュ化せずに DII を渡すと、UID2 SDK が代わりにハッシュ化します。すでにハッシュ化された DII を SDK に渡したい場合は、ハッシュ化する前に正規化する必要があります。詳細については、Normalization and Encoding を参照してください。

Format Examples for DII

SDK は、UID2 Service に送信する前に、ハッシュ化された DII を暗号化します。

SDK は、特定のユーザーに対して、4 つの DII フォーマットのいずれかを送信するように設定できます。DII 形式はユーザーごとに異なる場合がありますが、送信できる値はユーザーごとに 1 つだけです。

以下のセクションでは、UID2 SDK を構成するさまざまな方法を示し、SDK に渡される DII の要件を示します:

  • メールアドレス, ハッシュ化されていない
  • メールアドレス, 正規化とハッシュ化
  • 電話番号, ハッシュ化されていない
  • 電話番号, 正規化とハッシュ化

SDK が複数回設定された場合、最新の設定値が使用されます。

JavaScript でメールアドレスと電話のハッシュを生成する方法の例については、Example Code: Hashing and Base-64 Encoding を参照してください。

以下の例では、メールアドレスで UID2 SDK を設定しています。

await __uid2.setIdentityFromEmail(
"test@example.com",
{
subscriptionId: subscriptionId,
serverPublicKey: publicKey,
}
);

このシナリオでは:

  • パブリッシャーによる正規化やハッシュ化は必要ありません。
  • UID2 SDK は、暗号化されたハッシュを UID2 Service に送信する前に、メールアドレスを正規化し、ハッシュ化します。

Token Storage and Refresh

Configure the SDK for JavaScript に記載されているメソッドのいずれかを正常に呼び出すと、identity が生成され、UID2-sdk-identity というキーでローカルストレージに保存されます。SDK は UID2 Token を定期的にリフレッシュします。

警告

ローカルストレージに保存されているオブジェクトのフォーマットは予告なく変更される可能性があります。ローカルストレージのオブジェクトを直接読み込んだり更新したりしないことでください。

Example Integration Code and When to Pass DII to the UID2 SDK

identity がない状態で最初のページをロードする場合、トークン生成の呼び出しを開始するには、DII で setIdentity メソッドのいずれかを呼び出す必要があります。ID が生成されると、SDK からの IdentityUpdated イベントを待つことで、ビッドストリームに送信する Advertiser Token (UID2 token) を利用できるようになります。例として、advertising_token_to_use の値がどのように設定されるかを以下のコードスニペットで示します。

場合によっては、ユーザーの DII はページロード時に利用できず、DII の取得には何らかの関連コストがかかります。例えば、DII を取得するために API コールが必要な場合や、DII 情報を提供するためにユーザーにプロンプトが表示される場合があります。

既存のトークンをチェックし、使用またはリフレッシュすることで、このコストを回避できる可能性があります。これを行うには __uid2.isLoginRequired を呼び出し、ブール値を受け取ります。これが true の場合、UID2 SDK は既存のリソースで新しい Advertising Token を作成できず、DII はまったく新しい UID2 Token を生成する必要があることを意味します。

以下のコードスニペットは、UID2 SDK for JavaScript とインテグレーションして、上記の 2 つのシナリオを実現する方法を示しています。—トークンがない状態から開始し、既存の UID2 Token が見つかった場合はそれを再利用/リフレッシュします。

<script async src="{{ UID2_JS_SDK_URL }}"></script>

<script>

// UID2 provides these configuration values to the publisher.
const clientSideConfig = {
subscriptionId: "...",
serverPublicKey: "...",
};

// Example of a base-64 encoded SHA-256 hash of an email address.
const emailHash = "tMmiiTI7IaAcPpQPFQ65uMVCWH8av9jw4cwf/F5HVRQ=";

// When the UID2 SDK is executed, it looks for these callbacks and invokes them.
window.__uid2 = window.__uid2 || {};
window.__uid2.callbacks = window.__uid2.callbacks || [];
window.__uid2.callbacks.push(async (eventType, payload) => {
switch (eventType) {
case "SdkLoaded":
// The SdkLoaded event occurs just once.
__uid2.init({});
break;

case "InitCompleted":
// The InitCompleted event occurs just once.
//
// If there is a valid UID2 token, it is in payload.identity.
if (payload.identity) {
//
// payload looks like this:
// {
// "identity": {
// "advertising_token": "A4A...MqA",
// "refresh_token": "A3A...pdg==",
// "identity_expires": 1692257038260,
// "refresh_expires": 1692339838260,
// "refresh_from": 1692254338260
// "refresh_response_key": "z0v...zL0="
// }
// }
var advertising_token_to_use = payload.identity.advertising_token;
} else {
if (__uid2.isLoginRequired()) {
// Call one of the setIdentityFrom functions to generate a new UID2 token.
// Add any retry logic around this call as required.
await __uid2.setIdentityFromEmailHash(
emailHash,
clientSideConfig
);
else {
// there is a token generation API call in flight which triggers
// a IdentityUpdated event
}
}
}
break;

case "IdentityUpdated":
// The IdentityUpdated event happens when a UID2 token is generated or refreshed.
// See previous comment for an example of how the payload looks.
var advertising_token_to_use = payload.identity.advertising_token;
break;
}
});

</script>

Check that the Token Was Successfully Generated

トークンが正常に生成されたことを確認するには、ブラウザの開発者ツールを使ってローカルストレージからトークンを探します。

Publisher Workflow

トークンの生成に問題があった場合は、Network タブでリクエストを見つけてください。client-generate という文字列でフィルタリングすることで、リクエストを見つけることができます。リクエストに失敗した理由についての情報は、レスポンスの中にあるはずです。

Publisher Workflow

Example Code: Hashing and Base-64 Encoding

次のコードサンプルは、JavaScript でメールアドレスと電話のハッシュを生成する方法を示しています。

async function hash(value) {
const hash = await window.crypto.subtle.digest(
"SHA-256",
new TextEncoder().encode(value)
);
return bytesToBase64(new Uint8Array(hash));
}

function bytesToBase64(bytes) {
const binString = Array.from(bytes, (x) => String.fromCodePoint(x)).join("");
return btoa(binString);
}